毎日出来る腰痛予防!

2020年05月23日

こんにちは!丸亀坂口整骨院の柔道整復師の

金場です。今回は腰痛についてお伝えします。

そもそも腰痛はどうして起きてしまうのか

というところから皆様にお伝えしていきます。

腰痛の主な原因には、「筋肉の疲労」や

「骨盤の歪み」「神経痛」や「内臓のSOS」

などがあります。
特に現代の腰痛は、生活習慣で起きるような

ものが多く、ほとんどが筋力の低下や

デスクワークやたちぱっなしでの作業など

同じ姿勢を続けたことにより起きるものや

内臓機能の低下による腰痛が多くあります。で

は今から1つ1つ関係性をお伝えしていきます。

①筋肉の疲労と腰痛の関連
筋肉の疲労から起きる腰痛とは、スポーツでの

筋肉痛や長時間のPC作業、車の運転など同じ姿勢を

とることで腰に負担がかかります。

これが腰痛を引き起こす原因となります。

②骨格の歪みと腰痛の関係
骨格の歪みが原因で起きる腰痛とは

前にかがむ動作を長時間続けたり

片方の足ばかりに体重をかけて立っていると

骨盤にズレがでてきます。このが原因です。

③神経痛と腰痛の関係
神経痛を伴う腰痛とは、長年の疲労で

腰の骨や骨盤、股関節に異常が起こり

神経を締め付けてしまうことで腰痛を

引き起こします。
この腰痛は、腰から足にかけて痛みが起きます。

④内臓とと腰痛の関係
内蔵から影響をうける腰痛というのは

内蔵が弱るとし自律神経の影響をうけ、

お腹の筋肉が硬くなり、腰から足に繋がる

筋肉も硬くなるために腰に負担がかかります。

以上4つが腰痛の主な原因になります。
ではこれをどう予防していくかというところに

なってきますがストレッチが最適です!!
普段から腰周りの筋肉を緩めておくことにより

腰にかかる負担というのを減らしてきます。

では今から腰のストレッチをお伝えしますね。
①仰向けに寝て抱えた脚と

逆の肩に膝を寄せるイメージで30秒キープ

②抱えたしと同じ肩に

膝を乗せるイメージで30秒キープ

 

③抱えた脚を外に開き30秒キープ

このストレッチを行うだけで腰の負担は大幅に変わります。

しっかり普段から、このストレッチを行い

腰痛を予防していきまいしょう。
ただストレッチだけでは、完全に予防することは

難しい為、今現在腰痛をお持ちの方や、

骨盤の歪みが気になる方などお早めにご連絡下さい!

当整骨院が、お客様のニーズに合わせて

徹底的に、サポートさせて頂きます(^^)

お問い合わせ

丸亀院へのお問い合わせ

丸亀院電話:0877-35-8918

所在地 〒763-0063 香川県丸亀市新浜町1丁目803−2 マルナカパワーシティ丸亀内
最寄り駅 丸亀駅

宇多津院へのお問い合わせ

宇多津院電話:0877-35-8684

所在地 〒769-0205 香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁47−14
最寄り駅 宇多津駅から徒歩5分

▲ 一番上に戻る