痺れを取るには?

2020年06月3日

普段の生活で太もも裏や

ふくらはぎに痺れが起こる

ことはありませんか?

坐骨神経とはお尻~太もも裏に

ある長い神経を言います。

これがダメになってしまうと

痺れや痛みが起こってしまいます。

また、反り腰の人は特に坐骨神経痛に

なりやすく、反り腰が治らないと

痛みを永遠とぶり返してしまいます。

反り腰=神経が引っ張られ痛みが起きる。

痺れや痛みが起きないためには

➀足を外に開く(3秒)

これだけです。

=神経に遊びが出る→神経が引っ張られない

→痛みが取れる。

 

【痺れを取るストレッチ】

➀かかとの重心を乗せて

上下に上げ下げしていく 10回

②椅子に座った状態でかかとを

両手で抑える

③胸を膝につける

④その状態のまま立っていく

⑤壁を使ってふくらはぎに刺激を入れる

前側に体重を乗せる。

⑥かかとをつけたまま外側に向ける

これを何回か繰り返していく。

 

坐骨神経痛の痛みを簡単になくすストレッチ

2020年05月29日

今回のストレッチを行うことに

よって神経痛の痛みが緩和します。

坐骨神経痛はなぜ起こってしまうのか

皆さんはご存知ですか?

坐骨神経が引っ張られたり圧迫

されることによって痛みが起こります。

引っ張られる原因は、反り腰の人

坐骨神経痛になりやすいと言われて

います。前に身体が倒れてしまうことに

よって神経が引っ張られ、坐骨神経痛に

なってしまうケースがほとんどです。

今回は、身体を前に倒してしまう原因が

取れれば神経が引っ張られなくなるので

それに結果的なストレッチを行って

いきます。

 

➀内ももをしっかり伸ばしていく

ここが硬くなると身体も前に倒れて

しまう働きがある。

②足を乗せる

写真のように足首を立て、膝も

しっかり伸ばしましょう。

③この状態で身体を前に倒していく

※腰から倒すのは✕ 骨盤から倒すように

意識しましょう。

★頭を上げながら体を倒す、身体を

つま先方向に向けると内もも付近が

伸びやすくなります。

これを30秒キープします。

 

ストレッチをは以上になります。

お仕事中のちょっとした空き時間や

お風呂上り、寝る前に行うと

より結果的ですので、ぜひ

試してみてください!

丸亀坂口鍼灸整骨院
【電話】
0877-35-8918
【診療時間】
平日  9時15分~12時、15時30分から20時
土曜日 8時15分~17時30分
日祝日 8時15分~12時

坐骨神経痛のストレッチ

2020年05月27日

今回のストレッチも寝ながら簡単に

できる様になっていますのでぜひ、

試して見てください!

 

坐骨神経痛とは、お尻・足の後ろ側・脛

ふくらはぎにかけて現れる痛みや、痺れが

出る症状のことです。

なぜ、このような症状が起こるのか

原因としては長時間のデスクワークPC作業

運動不足が原因になります。

今回は坐骨神経痛の状態を軽減させるための

ストレッチを行っていきます。

 

ベットに寝転がって行っていきます。

①仰向けになり膝を立てる

※今回は分かりやすく左側でストレッチを

行っていきますが実際ストレッチを行う際は

痛みが出ている側の足で行って下さい。

②右足を持ち上げる

 

③ふとももの裏側をグッと手前に持ってくる

 

★左側のお尻の部分が伸びている状態

★深呼吸をしながら20秒キープ

★左右両方行うのがポイント

 

④次は右側に膝を倒す

⑥その状態で上の足を使って

グッと倒していく。

★これで左側のお尻の横が

伸びている状態

★肩が浮かないように注意

これを20秒キープし反対側も同様に。

★このストレッチを行う時は、

しっかり筋肉が伸びていることを感じ

ながら行っていきましょう!

 

以上、寝ながら出来る坐骨神経痛の

ストレッチになりますのでぜひ、

試してみて下さい。

丸亀坂口鍼灸整骨院
【電話】
0877-35-8918
【診療時間】
平日  9時15分~12時、15時30分から20時
土曜日 8時15分~17時30分
日祝日 8時15分~12時


お問い合わせ

丸亀院へのお問い合わせ

丸亀院電話:0877-35-8918

所在地 〒763-0063 香川県丸亀市新浜町1丁目803−2 マルナカパワーシティ丸亀内
最寄り駅 丸亀駅

宇多津院へのお問い合わせ

宇多津院電話:0877-35-8684

所在地 〒769-0205 香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁47−14
最寄り駅 宇多津駅から徒歩5分

▲ 一番上に戻る