交通事故による膝の痛み

  • 事故の際ダッシュボードに膝をぶつけての損傷がとても多い。
  • 半月板や膝関節の支持機構である靭帯の損傷。
  • 放置することで可動域制限や運動時痛の残存となるので要注意。
  • 歩行時痛や歩きづらさから他にかばった痛みが出る。
  • 打撲のあとがひどく、膝関節を動かすと痛い
交通事故による膝関節の痛みは様々な要因によって引き起こされます。
例として膝を強くぶつける、膝を支配する神経の損傷、
事故後からの原因不定の慢性痛などが挙げられます。
その中でも交通事故による膝の損傷で多いのは後十字靭帯の損傷です。
後十字靭帯は膝関節の安定化を担うとても重要な靭帯です。
この靭帯が交通事故の際の後方からの衝撃により
膝をダッシュボードなどにぶつけて損傷します。
重度が上がると部分断裂や完全断裂となり回復までの期間が長期化します。
痛みとしては、急性期(受傷後3週間程)だと
膝の痛みと可動域制限が顕著にみられます。
それに伴い関節内血腫による腫れが目立つ場合もあります。
急性期は痛みも強くまだまだ状態も不安定なので
余分な動きは控えて安静を図りましょう。
急性期を過ぎると痛みや腫れ、可動域制限が減少し始めます。
この時期になると痛みの減少と反して
膝関節の不安定感が徐々に目立ってくる場合があります。
特に坂や階段の昇降時、捻り動作、踏ん張りなどで不安定感が顕著に出現することが多いです。
回復への手段は主に保存療法となります。
損傷の程度やご利用者さまの生活様式、背景によりアプローチ方法は異なりますが、
基本は疼痛や腫脹緩和を目的とします。
腫脹に対しては包帯での圧迫や挙上、冷却、安静。
疼痛に対してはサポーターの装着、
テーピングや包帯による関節の安定化を図ります。
また早期から積極的に膝関節の曲げ伸ばしや
大腿四頭筋のトレーニングを行うことが重要です。
関節の拘縮や後十字靭帯損傷による脛骨の後方へのずれ込みを防ぐ目的があります。
さらに重度になると手術の適応となりますが、ほとんどの場合保存で状態を観察します。
保存療法に当たって整骨院では手技と電気によるアプローチを行います。
また患者様それぞれの不調に適した運動指導や固定法などを
適応していき最短かつ安全な回復を目的とします。
もし交通事故にあわれたり、
スポーツや日常生活などで膝を損傷した際は早期に病院の受診と整骨院へ行きましょう。
放置せずに状態の確認と早期からの施術開始が回復への鍵となります。

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る