ばね指

  • 指を伸ばそうとすると痛みがある。
  • 指先で物を持つ際に引っ掛かるかんじがある。
  • 痛みで家事や仕事に支障が出ている。
  • 病院で手術を勧められたがしたくない。
ばね指(弾発指)は腱鞘炎のひとつであり、
指の使いすぎにより炎症を起こし痛みを発しています。
その際の腫れが引っ掛かりを生むため、
炎症を取ることが一番大切です。
腱鞘炎を何度も繰り返している場合は、
腱鞘がどんどんと分厚くなり引っ掛かりが
著名にみられるようになります。
日頃からデスクワークや家事などで
指先をよく使う方は炎症を起こしやすいです。
また、慢性的な肩こりがあるかたは特に注意が必要です。
肩こりがあるかたは肩甲骨が正しく機能しておらず、
指先や肘、手首を酷使する傾向があります。
その結果使いすぎに繋がり炎症を起こしてしまうので、
再発をできる限りさせないためにも、
指先や症状に対しての治療だけでなく、
原因となるところからしっかりと整えていくことが重要です!

どういった方がなりやすいのか??

ばね指(弾発指)を引き起こす原因としてあげられるのは、
1 慢性的な肩こりがある。
2 タイピングや家事などで指先をよく使う。
3 肩や腕に力が入りやすく脱力できない。
4 加齢による筋肉や腱の変性。
など様々ですが、どの原因も早期からの治療や対策をしっかりと行うことができれば、痛みを生まないからだ作りが可能です!

当院での施術

坂口鍼灸整骨院・整体院ではばね指に対し、ハイボルト治療や鍼灸施術を用いて痛みをとる治療を行います。
痛みをとる目的としては、痛みの慢性化を止めるため、その他の場所(肩、肘)に痛みを生まないために行います。
痛みがあるうちは、いくら筋肉をほぐそうとしても効果がでないだけでなく、痛みが増すこともあるためまず始めに痛みをおさえていぎす。また、かばう動作をするようになり、その他の関節に負担をかけてしまい、別の痛みに繋がることもあるため注意が必要です。
痛みがあるうちは、炎症をおさえることに専念しましょう!
つぎに、日常生活に支障がない状態に痛みが治まれば硬くなり、本来の機能を失った筋肉を調整し正しく動く状態にしていきます。
この際に行う治療が深層筋調整(MPF療法)とよばれるものです。
指の動きは肩や背中も大きく関係しており、体幹に近い筋肉の動きが悪いと手や指の筋肉の負担が著しく増えてしまい、結果として使いすぎが起こってしまいます。
特に肩こりが慢性的にある場合はより負担がかかるようになります。また、力がうまく抜けない人も同様です。
常に筋肉が緊張してしまっているため、体が硬い人も注意しなければなりません。
この深層筋調整は全身の筋肉に対し刺激を加えていき、痛みが出ていた場所だけでなく根本的な筋肉にまでアプローチしていくので再発を防ぐことができます。
その他の自宅で行うべきストレッチやトレーニングをお伝えしております自分でもよぼうできるようサポートしていきますので、ばね指でお悩みの方は当整骨院にご相談ください!

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る