足底筋膜炎

  • 動き始めの第一歩が痛い
  • 長時間歩いていると痛みが出現する
  • 足が地面につく瞬間や離れる時が痛い
  • 常に足の裏や付け根に違和感がある
痛みのない足の状態とは、

・どんなに走ったり歩いたりしても痛みがない。
・足の裏を指で押しても痛くない。
・足の裏のツッパリ感もない。
・足を地面についた時も違和感が出ないというのが、

本来の足の裏の正常な状態です。

どういった方がなりやすいのか??

足底筋膜炎の原因とは、
足の裏にある足底筋膜という膜が、
歩いたり走ったりジャンプをしたりする際に、
衝撃を受け止めてくれます。
しかし足底筋膜炎の痛みを抱える方の足裏は、
筋肉や筋膜が硬くなっており、動きの中で、
本来は柔軟に伸び縮みするはずの筋肉が、
硬くなっていることにより、ぎゅっと引っ張ってしまいます。
筋肉は骨に直接ついているわけではなく、
骨を覆っている骨膜というものについています。
そうすることで、何度も繰り返し筋肉や筋膜が付着している場所、
つま先や、踵、土踏まずの部分に負担をかけ続けることで、
強く痛みが出現し足底筋膜炎になってしまいます。
つまり、硬くなって柔軟性を失った足の筋肉や、
筋膜が原因となって痛みを引き起こしています。
柔軟性を失うことで、
歩いたり、衝撃が加わった時にそこが引き伸ばされ
ポイント、ポイントで痛みが出現します。
その為、しっかり、足の裏の筋肉の柔軟性をつけることで、
症状は変わってきます。
足の足底筋膜の柔軟性が、失われる原因としては、
偏平足、スポーツ、立ち仕事、姿勢、後方加重、
硬い路面でのランニングなど、様々です。

足底筋膜炎の治療はハイボルト療法を行います。
ハイボルト治療には効果が2つほどあり、

1つは除痛効果です。
除痛の力にすぐれており、
個人差はありますがほとんどの方が
一回目に治療で効果を実感いただいています。

もう1つが検査効果です。
検査で、姿勢に関与する筋肉をアプローチすることで、
足底筋膜炎の痛みが変われば、
姿勢改善も一緒にアプローチしていく必要があります。
姿勢改善とは具体的にどのようなことを行うのかというと、
当整骨院で実施しているMPF療法です。
それぞれ
M(マッスル)
P(プレッシャー)
F(フリクション)
という意味で、
患者様にあわせたオーダーメイドの治療を行います。
浅層筋と深層筋それぞれにアプローチすることで、
元々あった、足底筋膜炎の症状は、もちろんのこと、
足底筋膜炎を再発させないような
姿勢づくりを目指していきます。
それだけではありません。
MPFにより改善された姿勢をキープするために、
同時進行で姿勢を支えるための、楽トレを行います。
これは、姿勢を支える、インナーマッスルをアプローチする
インナートレーニングのことです。
これらの治療により、原因をしっかり突き止めて、
根本からお身体を良くしていけるようなお手伝いさせて頂きます。
筋肉や筋膜は、基本的にレントゲンには映りません。
どれだけ痛みを抱えて病院へ行っても、
痛み止めや湿布、そういった対処しかできません。
足の裏の痛みがあれば、歩行時にはストレスになりますし、
痛みをかばうことで、他の所にも負担がかかるかもしれません。
お困りの方は、お早めに、当整骨院へご相談下さい!

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る