腰部捻挫

  • 交通事故後から急性腰痛に類似した激しい痛み
  • 交通事故後から放置することで慢性腰痛へと移行しやすい
  • 交通事故後から筋肉や靭帯の過緊張による血流障害や神経障害
  • 交通事故後から前傾姿勢になると痛みがでる
  • 交通事故後から腰の痛みにより上向きで寝られない
交通事故患後の不調として非常に多いのが腰痛です。
この腰痛は慢性腰痛とは違い腰椎の捻挫により引き起こされます。
放置することで慢性化への移行など後に残ることとなるので早期の施術開始が重要となります。

腰部捻挫は交通事故の衝撃や重量物の急な持ち上げ動作などの急激な外力が腰部に掛かった際に発生します。
外力に反応した筋肉の硬直による痛みがメインとなりますが、重度の場合では筋肉や靭帯の損傷が見られます。
骨自体の損傷は無く周囲の軟部組織の損傷までとなります。
主な不調としては腰部痛、臀部痛、神経性の痛み、痺れなどが代表的です。
発生から1週間程は痛みが非常に強いので安静を心がけましょう。
また、筋肉の過緊張が見られるので腰部のストレッチや温めることでの血行促進などを行うことで緩和されます。
急性の痛みが引いた後は不調のある部位やその周辺に対する施術や電気を用いたアプローチが非常に効果的です。
このような早期からの適切な対応を行うことで慢性化への移行の予防となります。
不調が軽度だからといって放置してしまうと、さらに重度になったり慢性化へと繋がるので注意しましょう。

腰部は日々の中でストレスを受けることが非常に多い部位です。
慢性腰痛もちや、急性腰痛の既往がある方はより重度となる可能性があります。
日頃からのストレッチや適度な運動で腰部の緊張を緩和する意識が大切です。
また腰部捻挫になってしまった際は放置せずに安静の後に必ず施術を受けましょう。
腰部捻挫に限らず交通事故後は一度お身体の状態を確認することが非常に重要となるので、もし交通事故に遭われた際は一度当整骨院へご相談下さい。

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る