変形性膝関節症

  • 痛みを取り除きたい。
  • 正座や、立ち上がりに膝に違和感や痛みがある。
  • 日常生活がしにくくなった。
  • 何度も病院で膝の水を抜いてもらったことがある。 痛みがない状態を維持していきたい。
  • 痛みがない状態を維持していきたい。
変形性膝関節症は膝の軟骨や骨が
すり減り痛みとして認識されます。
軟骨や骨がすり減ってしまう理由としては
O脚やX脚などによる膝への負担増加、
正座や膝の曲げ伸ばしをすることが多い方によく見られます。
一度すり減った軟骨は治るまでにかなりの時間を
要するため根本的な原因を治していかなければ
悪化していく一方です!
また膝の痛みにより運動をしないようになると
筋肉の衰えにより、
痛みの悪化を助長してしまうこともあります!
日常生活に支障をきたさないためにも、
痛みをとるだけでなく膝の負担にならないような
根本治療をしていきましょう!

どういった方がなりやすいのか??

変形性膝関節症を引き起こす原因として
1肥満などにより体重が増え膝への負担が増加した。
2O脚X脚により骨や筋肉に負担がかかりやすい。
3ホルモンバランスなど内科的要因。
4生活習慣
(あぐらや、正座。重量物の上げ下ろし。)による膝への負担。
5運動量減少に伴う膝周りの筋力低下。
などさまざまですが、
しっかりと治療やケアを行うことで痛みを
減少させることが出来るのでご安心ください!

当院での施術

坂口鍼灸整骨院・整体院では変形性膝関節症に対して、
始めに鍼灸施術やハイボルト療法を行い
痛みを取り除いていきます。
その後骨格や姿勢を矯正していき、
負担がかかりすぎて硬くなった筋肉を正常にしていきます。
合わせて矯正効果の持続と姿勢の安定を図るため
インナーマッスルのトレーニングも行っていきます。

まず、鍼灸施術やハイボルト療法により
興奮してしまっている神経を鎮めて痛みを和らげていきます。
痛みをとる目的としては
痛みをかばう動作をしないためです。
かばう動作が出てくると慢性化してしまうだけでなく、
別の部位に痛みを生み出してしまうからです。
その後痛みが変化してきたら
骨格・姿勢矯正(MPF療法)を行います。
特に骨盤から膝にかけての筋肉を和らげて
骨を本来あるべき位置に戻していきます。
そうすることで筋肉や軟骨に余計な
負担がかからないようにしていきます。
合わせてインナーマッスルの強化をして
矯正後の状態を維持しやすくしていきます。
インナーマッスルが弱いと姿勢が崩れるようになり
痛みが出やすくなります。
また足腰の運動の際に重要な筋肉であるため
関節運動を補助して負担軽減にも繋がります。
その他疲労が蓄積しやすい筋肉のストレッチや
生活指導なども合わせて行いますので
早期回復に向けてしっかりと
サポートさせていただきます!

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る