アキレス腱炎

  • かかと周辺に痛みがある。
  • かかとだけでなくふくらはぎにも痛みがある。
  • 歩く、走る動作で痛みが出現する。
  • 早く部活動に復帰したい。
  • 痛みが出にくい体にしていきたい。
アキレス腱炎はアキレス腱の踵よりの部分に痛みが起こり
筋肉や骨に摩擦や筋肉の使いすぎにより
引き起こされるオーバーユース障害の一つです。
特に成長期のスポーツに力を入れている方によく見られます。
成長期の骨はまだ完全に出来上がっておらず、
極端な筋トレや走り過ぎにより筋肉と骨との間に
摩擦が繰り返され炎症が起こり、痛みが現れます。
よく起こるスポーツとして、陸上競技やサッカー、
バスケットボール、バレーボールなどの走る、
飛ぶ動作が多いものが挙げられます。
また、足にあっていない靴を履いていたり、
扁平足や外反母趾による体のバランスが
崩れることにより引き起こされる場合もあります。
症状は安静にすることで引いていきますが、
根本的な原因が残ったままでは再発を繰り返し、
慢性化し治りにくくなっていきます。

適切に治療していけばヒトの持つ自然治癒力を
最大限に活かすことができ早期回復が期待できますので、
しっかりと治療していきましょう!

アキレス腱炎を引き起こす原因

1走ったり飛んだりする動作の繰り返しによる疲労蓄積。
2体の左右バランスが崩れ、偏った負担の繰り返し。
3筋肉の柔軟性低下。
4ウォーミングアップやクールダウンを行っていない。
など、様々ですが適切なケアや治療を行うことで治りを良くしたり、
再発しにくくなったりと痛みになりにくい
身体にしていくことも可能です!

軽い症状であっても早く治療することがとても重要ですので、
違和感や痛みが少しでもあれば早期に治療しましょう!

当院での施術

坂口鍼灸整骨院・整体院ではアキレス腱炎に対しはじめに、
鍼灸治療やハイボルト治療を用いて
痛みに対するアプローチをしていきます。
痛みがある際には痛みが出ている箇所を冷やすことが
まずはじめにすべきことです。
痛みが強い場合は身体をかばう動作が現れ、
別の箇所に痛みを引き起こすことがあります。
炎症が強いうちはアイシングと筋肉の負担を軽減するために
ハイボルト治療や鍼灸治療を行います。
次に痛みが日常生活に支障がない状態になれば
筋肉の治療を始めていきます。
基本的にアキレス腱に負担をかけてしまう原因は
筋肉(ヒラメ筋、腓腹筋)の硬さにあります。
単純な使いすぎであれば筋肉の硬さを
用いて筋肉の硬さだけでなく
身体の歪みも同時に整えていきます。
身体の歪みがあれば筋肉必要以上に負担がかかり
痛みに繋がりやすくなるだけでなく再発に繋がりやすくなります。
特にふくらはぎの筋肉は使用頻度が高く
長時間安静を保つことが難しい筋肉でもあります。
その負担を最低限にするためには体の歪みを
取り除き負担を分散させることが、
再発を防いでいくために重要となります。
身体のねじれや左右の足の長さに違いがある場合は
身体の負担がかたよるためしっかりと
治療をしてバランスの取れた身体にしていきましょう。
また、身体のバランスを保つ役割がある
インナーマッスルの筋力低下も大きな要因となるため、
合わせてトレーニングしていくことも重要です。
インナーマッスルは症状を出にくくするだけでなく、
スポーツにおけるパフォーマンスアップにも関わります。
スポーツ外傷であっても
姿勢や身体のねじれから起こるものもあるため
怪我をしない体作りのためにはしっかりと
身体の根本的な筋肉から強くしていくことがかなり重要です。
その他セルフケアの指導も行い、
早期回復に向けサポートしていきますのでご安心ください!

アキレス腱炎でお悩みの方は当整骨院にご相談くださいませ。

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る