梨状筋症候群

  • お尻から足にかけてしびれがある。
  • 慢性的な腰痛がある。
  • デスクワークなどで座る時間が長い。
  • ジャンプやスクワットなどを繰り返し行うことが多い。
  • 梨状筋症候群とは・・・
梨状筋症候群は、お尻を横切る深層筋(梨状筋)が使いすぎや、
不良姿勢により負担がかかることによって起こります。
負担がかかりすぎた筋肉が硬くなり
坐骨神経を圧迫することにより
下半身や臀部にしびれや痛みを伴います。
また、腰椎椎間板ヘルニアと症状がにているため
安易に判断してしまうと適切な処置が難しくなるため、
病院でのレントゲン撮影が鑑別に有効です。
主にデスクワークなどで椅子に座る時間が長い人や
長時間の立ち姿勢を要する職業の人に多く見られます。
深層筋と呼ばれていますがからだの中でもかなり深部にあり、
ご自身での改善は難しく長期間を要する場合があるため、
早めの治療をおすすめいたします。

坐骨神経痛を引き起こす原因

1 野球やゴルフなど、身体を捻転させることが多い。
2 肉体労働者で重量物の運搬や中腰での作業による負担。
3 デスクワークや長距離の運転などによる臀部の循環不良。
4 人工股関節により、股関節への負担がかかりすぎている。
などさまざまですが、
どの原因も適切に治療やケアをしていくことで
痛みシビレが出にくい身体を手に入れることが出来ますので、
しっかりと治療していきましょう!

当院での施術

坂口鍼灸整骨院では梨状筋症候群にたいしてハイボルト治療や、
鍼灸施術を用いて筋肉の興奮を抑え
痛みやシビレを軽減させていきます。
その後硬さの原因となる骨格の歪みや
筋疲労を取るためにMPF療法を行います。
合わせて殿筋の負担を減らすために
股関節や体幹部分の筋力トレーニングも
合わせて行うと再発予防にも繋がります!

根本的に直していくためには筋肉、
骨格を正常にする必要がありますが痛みがある場合は
かばう動作をするようになるため
症状が慢性化するだけではなく、
別の部分に痛みがあらわれることもあるため、
始めは痛みシビレを徹底的に治療していきます。
つぎに、日常生活に支障がない程度になれば
痛みを生んでいる筋肉の硬さにアプローチしていきます!
その際に行う治療がMPF療法です。
神経が炎症や痛み反応を起こす原因は筋肉が硬くなり
摩擦や圧迫がかかることにより引き起こされます。
その硬くなった筋肉の血流を取り戻すことにより
筋組織の再生や疲労物質の排出を促していきます。
その他、骨格や姿勢の歪みもあわせて治療していくため、
痛みが出にくいからだづくりのためにも効果を発揮します。
同時にインナーマッスルのトレーニングを行うことで
正常な姿勢の維持や代謝改善をはかり
人間の持つ本来の回復力を働かせることで早期回復、
再発防止も可能となります!
また、自宅でできるエクササイズやストレッチの指導を行い、
継続的に痛みがない状態を維持できるよう
サポートさせていただきます!
これらの治療を行うことでその場しのぎではなく
根本的に治していくことができ、
生活や仕にも良い影響を及ぼすことが可能です!

梨状筋症候群でお悩みの方は、
当整骨院にご相談くださいませ!

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る