変形性股関節症

  • 股関節や太ももに痛みを感じるようになった。
  • 足を引きずりながら歩くようになった。
  • 立ったり座ったりがつらい。
  • 長時間立っていられない。
  • 変形性股関節症とは・・・
変形性股関節症は加齢などによりクッションの
役割を持つ軟骨がすり減ってしまい、
少しずつ骨が変形し炎症を起こし痛みを引き起こす病気です。
加齢以外にも生活習慣の乱れや股関節に
必要以上に負担がかかる場合にも起こります。
その他生まれつき股関節が正常に形成されなかったり、
病気の後遺症として起こることもあります。
変形性股関節症は痛みを伴い股関節を動かさなくなり
股関節周辺の筋力低下がが悪化に繋がるため、
早期から対策、予防をしていくことが大切です。
変形性股関節症は、年齢に関係なく起こりうるものですので、
少しでも違和感や思い当たる症状があれば
早めに治療しておくことをおすすめいたします。

変形性股関節症が引き起こされる原因

1 足の長さが左右で異なり片方に負担がかかる。
2 生まれつき股関節が正常に形成されなかった。
3 床での生活により立ったり座ったりの動作をよくする。
4 肥満や体重増加。
などさまざまですがどれも意識改善や対策を行うことで
症状の悪化を遅らせることが
できるものですのでご安心ください!

当院での施術

坂口鍼灸整骨院・整体院では変形性股関節症に対して
ハイボルト療法や鍼灸施術で痛みを和らげていきます。
その後硬くなってしまい痛みを出しやすくなった
筋肉を和らげていくためにの深層筋調整や、
筋力アップのために体幹や股関節に関わる筋肉を強化して
股関節の骨への負担を軽減していきます!
痛みが繰り返されないためにも筋肉を鍛えて
身体を正しく支えられるようにしていきましょう!

まずハイボルト療法や鍼灸施術で
筋肉の痛みを軽減させていきます。
変形性股関節症の痛みには骨から来る痛みと
筋肉から来る痛みがあります。
骨から来る痛みは関節内にトゲができることで
引き起こされるためトゲを取り除かなければ痛みを
完全に取り除くことはできません。
ですが、ほとんどの方は股関節周りの筋肉による痛みですので
ハイボルト療法や鍼灸施術で痛みの軽減が期待できます。
また痛みを押さえていくことは
筋肉のトレーニングをしやすくする効果もあるため
痛みを落とせるところまでしっかりととっていきます。
つぎに痛みが落ち着いてくれば深層筋調整を行います。
この治療を行うことで、
負担がかかりすぎた筋肉のコリをとり正常な
動きができるようにしていきます。
バランスよく筋肉が使えなければ1ヶ所に負担がかかるようになり
痛みへと繋がるため全体的に治療していくことが大切です!
合わせて股関節に繋がる体幹を支える
筋肉(インナーマッスル)のトレーニングを行うことで
股関節を支えられる状態にしていきます。
インナーマッスルが弱い場合は体重が
バランスよく支えられないため
必要以上に負担がかかります。
それを防ぐためにも
インナーマッスルのトレーニングは重要となります。
この二つを合わせて行うことで
効率よく筋力をつけることができます!
また、自宅でのストレッチや生活指導も行い
徹底してサポートもさせていただきます!

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る