肩関節捻挫

  • 肩関節の靭帯や関節包の損傷
  • 肩周囲の著名な圧痛
  • 交通事故後から肩の痛みで肩を上げることができない
  • 肩の痛みで寝がえりをすることが出来ない
  • 運動痛や可動域低下の残存などの後遺症
交通事故に遭われた際にハンドルを
握っている腕に衝撃が加わり肩関節を損傷する場合があります。
損傷後から著名な可動域制限や運動痛がみられ五十肩の様な症状を呈します。
適切な処置を行わなければ後遺症へと繋がるリスクが非常に高い損傷です。

肩関節捻挫は肩関節に直接加わる外力や腕から伝わる外力などにより発生します。
肩関節内の靭帯の部分断裂や完全断裂を認める場合もあり、
損傷の程度の確認や鑑別を必要とします。
最も重症度の低い捻挫では肩関節の機能障害や位置異常などは認めず、
ぼやけた痛みや軽い運動痛に留まります。
中程度のものでは靭帯の部分断裂による骨の位置異常、
亜脱臼が見られ、機能障害や運動痛が著名となります。
重症度の高いものは靭帯の完全断裂による関節離開が見られ機能消失や激痛を伴います。
中程度や十度の高いものの場合は手術を必要とする場合がるので一度整形外科へ掛かりましょう。
重症度の低いものの場合は発生直後から痛みが現れるので患部の安静を図り、
痛みが落ち着いてから肩関節周囲筋の緊張を除く治療が必要となります。
筋緊張を除かずに放置してしまうと、痛みの慢性化や、
悪化による運動痛、可動域低下が現れ後遺症として残ってしまいます。
一度後遺症となってしまうと痛みの除去や可動域の回復までが長期化してしまい、
長く症状に苦しむことになるので注意しましょう。
肩関節に限らず交通事故や急激な外力による損傷は必ず治療を受けることが大切です。

交通事故に遭われると身体の様々な部位を損傷する可能性があります。
その中でも肩関節は靭帯や関節包の損傷が非常に多く、
機能障害や後遺症へと繋がるリスクが高いものです。
無症状や軽度の症状でも後々重症化してくる場合が多いので、
必ずお身体の確認を行いましょう。
当整骨院では交通事故後の専門治療を行っており、
損傷の程度や部位に合った治療を行っています。
事故後はお身体の異常の有無に関わらず一度当整骨院へご相談下さい。

店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る