交通事故治療における整骨院の上手な使い方

2021年08月24日

このような症状でお悩みではありませんか?

レントゲンでは異常がないと診断された
湿布や痛み止めの処方だけされた
1ヶ月たっても症状がかわらない
どこに原因があるのか知りたい

丸亀坂口整骨院では交通事故による怪我の施術も行っています。

自賠責保険も適用となりますのでお気軽にご相談くださいませ!

 

レントゲンで判断できない症状は整骨院にお任せください!

交通事故に遭い病院ではレントゲンやMRIなどの精密な検査を行います。その情報により必要な飲み薬や湿布薬の処方がなされます。また病院でのリハビリの部位の参考にもされます。

上記の検査は骨に異常がないかを確認します。骨折や脱臼などの診断などに有効ですが、神経や筋肉組織の損傷を見つけるには不十分です。

この場合、痛み止めや湿布を処方され痛みに対する対処治療にしかならないため

根本的な治療ができず、結果的に痛みが長引いたり症状が強いまま残存したりしてしまいます。

なかなか症状が改善しない方へ

整形外科で異常なしと診断されたものの、症状が残ったり改善が見られない方は丸亀坂口整骨院にご相談くださいませ!

仕方がないと我慢してしまうと後々症状が強くなったり生活に支障をきたす場合もあるのがむち打ち症の特徴でもあります。

また、症状やお体の状態は一人ひとり異なります。

病院での治療はあくまで症状の対処が多くなりやすいですが、整骨院はひとりひとりの生活スタイルやお仕事内容などに合わせオーダーメイドで施術を行っていくことが可能です!

当整骨院でははじめにお体の状態を把握した上で施術内容を決めていき自宅で行えるエクササイズやストレッチなどの指導も行い徹底して指導も行います。

また、1日でも早く痛みや、だるさなどが解消できるように

徹底して症状改善に向けてサポートいたします!

悩まず、お気軽に当整骨院へお電話・ご来院をお願いいたします!

スタッフ一同、お待ちしております。

症状改善に向けてサポートいたします!

お電話でも構いませんので、お気軽にご相談くださいませ!

 

 

丸亀坂口整骨院

【電話】

0877-35-8918

【診療時間】

平日  9時15分~12時、

15時30分から20時

土曜日 8時15分~17時30分

日曜日 休診

 

 

 

交通事故治療の重要性

2021年08月20日

交通事故による怪我としてとても厄介な症状がむち打ち症です。
このむち打ち症は自分の回復力だけで治そうとする時間を要するため、適切な治療をすることをおすすめいたします。
今回は、むち打ち症の解説を行っていきます!

むち打ち症とは

むち打ち症とは交通事故や転倒により頸部に強い衝撃が加わった際に起こります。
人間は衝撃に対して耐えようとする反射が働くため交通事故の衝撃が強ければ強いほど症状が出やすいことが多いです。

病態

骨折や脱臼による痛みではなく、筋肉や靭帯が損傷を起こしていることによる痛みであるため、レントゲン等では写らないことがほとんどです

もともと体にある症状が強くなったり、姿勢不良などにより症状が強く出ることもあるため人によっては症状におおきな差があることも特徴の一つです。

症状

頸部の痛み、肩こりのようなおもさ、頭痛、めまい、手の痺れ、睡眠不調、吐き気など様々です。
また、交通事故による怪我で打撲や挫傷といった別の損傷が起こる場合もあるため、あわせて治療をしていく必要があります。

むち打ち症のリスク

むち打ち症は怪我をした直後は痛みや症状を感じないこともあり、適切に治療せずに放置してしまうことがあります。
実際は数カ月後に頭痛やめまいが起こることもあるため、ちょっとした違和感だとしてもお体のケアはしていただきたいです!
また頭部の打撲が起こっていると重大な問題に発展してしまうこともあるので、必ず病院での精密な検査は受けるようにしましょう!

まとめ

むち打ち症は早期からの治療がとても大切です。
時間が立ってしまった場合保険適応外になり補償を受けられなくなるだけでなく、治療効果も出にくくなります。
なるべく事故前の状態にしていくためにも早期治療を行い、本来人間が持つ回復力を最大限に発揮するためにもストレッチ指導や生活習慣の見直しを指導していきますので積極的に治療に取り組んでいただきたく思います!

またお体のことで気になることや、保険会社とのやり取りでご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください!丸亀坂口鍼灸整骨院

【電話】

0877-35-8918

【診療時間】

平日  9時15分~12時、

15時30分から20時

土曜日 8時15分~17時30分

日曜日 休診

 

交通事故保険について

2021年08月20日

今回は当院で取り扱っている自賠責保険についてご説明していきます。

自賠責保険とは

正式には自動車損害賠償責任保険と呼ばれ自動車等を使用する際車の所有者に加入が義務付けられている損害保険です。
強制保険となるため必ず加入していなければなりません。

整骨院では自賠責保険適用の場合は患者様の窓口負担は原則ありません。
この自賠責保険には限度額が決められており一人あたり120万円となり治療費・慰謝料・休業補償・交通費が含まれています。

施術費・交通費

交通事故による怪我の施術費(医療費、入院費、診療費など)、治療に伴い移動に関わる費用(バス、電車、タクシー、ガソリン代など)が補償の対象となります。
※交通費に関しては領収書が必要となりますので必ず保管しておきましょう。

慰謝料

交通事故被害者の精神的苦痛に対して支払われます。

休業補償

交通事故により得ることができなかった所得をカバーするために支払われます。

同乗者が怪我をしてしまった場合

自賠責保険は同乗者が怪我をしてしまった際にも適用となる場合があります。

また同乗者は会話や携帯電話の使用をしていることがあるため、どうしても事故の衝撃に対して構えができず症状が強く出てしまうことがあります。

自賠責保険はこういった同乗者の怪我に対しても保証される場合があります。

 

整骨院で自賠責保険を使うには

基本的には病院での診断書が必ず必要となります。
(※ 診断書を書くことができるのは医師だけであるため、整骨院で書くことはできませんのでご注意ください!)
この際に医師に整骨院で治療することの了承を得た上でご来院ください。

次に、保険会社へ整骨院で治療する旨をお伝え下さい。
この2つが完了しましたら、治療を開始することができます!
また保険会社への連絡の仕方がわからない方へのサポート、アドバイスも行っておりますのでお気軽にご相談ください!

 

 

 

丸亀坂口鍼灸整骨院

【電話】

0877-35-8918

【診療時間】

平日  9時15分~12時、

15時30分から20時

土曜日 8時15分~17時30分

日曜日 休診

交通事故に遭ったら

2021年08月19日

事故後に行うこと

皆さんは、交通事故に遭遇した際に行うべきことはご存じですか?
よく言われることとして、すぐに警察に連絡し怪我人がいるようであれば救急に連絡することがあげられます。
この対応で間違いはありませんが、それだけでは不十分な場合がほとんどです。
警察、救急以外に自賠責保険を取り扱う整体院への連絡を行うようにしましょう!

事故後に起こる体のこと

実際事故の処理や手続きはすむのですが、お身体のことはお忘れではないでしょうか?
事故に遭うと必ずといっていいほど起こるのがむち打ち症です!
むち打ち症は症状が複雑であり、直後は痛みなど感じなくても、長い人であれば数ヵ月後に現れる方もいるほど読みにくいものです。
実際に事故に遭い、整形外科に2、3回行き問題がなくそのまま生活をしていると少しずつ痛みや頭痛、吐き気等が現れることも少なくありません。

ここで注意すべき点があります。
本来交通事故に遭い怪我をしてしまえば、自賠責保険を使い治療を行うことができます。(治療費には限度がある。)
ところが、事故に遭った日から数週間経過してしまうと
事故との関連性を疑われ、自賠責保険を使えなくなることがあるため可能な限り早い段階で治療する旨を伝えておく必要があります。
このような治療できずに痛みに悩まないようにするために、事故に遭った際には警察、救急に連絡を取るだけでなく、保険会社に治療する旨を伝えるようにしましょう。
(※自賠責保険適用には規定があるため事故状況により適用されない場合もあります。)
また、整形外科での治療だけでなく、整骨院での治療も適応となりますので積極的に治療を行っていくことができます。

整骨院で治療を行う際には、医師の負傷部位の診断が必要となるため必ず病院に行くようにしましょう!
その後、丸亀坂口整骨院にご連絡ください。
診断書があれば保険会社との連絡は私たちが行うこともできるため、不安な方はいつでもご相談ください!

 

 

 

丸亀坂口鍼灸整骨院

【電話】

0877-35-8918

【診療時間】

平日  9時15分~12時、

15時30分から20時

土曜日 8時15分~17時30分

日曜日 休診



店舗一覧

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

香川県丸亀市新浜町
1丁目803−2

宇多津坂口鍼灸整骨院

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町
浜五番丁47−14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る