ぎっくり腰

2022年11月19日

こんにちは!
宇多津坂口鍼灸整骨院です!

今回は冬場に起こるぎっくり腰について説明していきます。

⚪︎冬に腰痛が起こる原因
冬場は寒くなり体を動かしたり、外出する事も少なくなりますよね。
そのため体を動かす機会が減り、
腰の動きが少なくなる事も要因の一つになります。

また気温が下がり冷える事によって
血液循環が低下し、骨盤周りの筋肉が硬くなります。
血液の循環が悪くなると疲労物質や、
老廃物が溜まり、筋緊張(こり)を起こしやすく筋肉、
筋膜に痛みが出やすくなります。

そして、年末の仕事の忙しさや忘年会といったもので
長時間同じ姿勢だったり、運動不足の体にムチを打ったり...
という事でよくぎっくり腰になられます。

⚪︎ぎっくり腰の予防
ぎっくり腰の予防は寒い時期は特に
体を冷やさない事が重要です。
それと血行促進、筋肉をほぐすという事も大事になります。
寒いからといって家に閉じこもったりはせず、
天気がいい日は外に出てジョギングや散歩で
適度な運動を心がけましょう!
入浴もシャワーだけでは済まさずにしっかりと
お風呂に浸かり体を芯から温めるを意識してみてください!

⚪︎ぎっくり腰になった場合
もしぎっくり腰になってしまった場合、
痛みが強ければ腰に負担がかからない「
膝を曲げて横向きに寝る」ようにして安静にしてください。
また患部が炎症を起こしている状態になるため
「冷やす」ようにしてください。
2〜3日経つと炎症は治まるので次は
「温め」て血流をよくすることが大事です。

当整骨院では電気でぎっくり腰の痛みを
抑える施術を行なっております。
また体の歪みからも筋肉は硬くなるため
全身の矯正治療も取り入れています。
もしぎっくり腰になってしまった場合は
ぜひ当整骨院までご連絡ください!

鍼灸師:山下

股関節痛について

2022年09月20日

こんにちは!
宇多津坂口鍼灸整骨院です!

歩いた時、運動した後などで起こる股関節の
痛みでお困りの方はいませんか?
特に怪我などをしてもいないのに...

今回はそんな股関節の痛みについてお話ししていきます。

⚪︎股関節が痛くなる原因
ではまず股関節に痛みが起こる原因として
・体重が増える
・歩きすぎる
・股関節の筋肉の柔軟性がない
・股関節の筋力が落ちる
など様々です。

上記のようなものであれば緊急性はないのですが、

・転倒して股関節を強打した
・股関節痛と発熱が同時に起こる場合
・痛みがどんどん酷くなり、歩けない場合

このようなものは緊急性がありますので
必ず先ず病院を受診するようにしてください。

⚪︎股関節痛の改善方法
緊急性のないものの場合であればストレッチなど
保存療法でも十分対応はできます!

まず股関節の筋肉に柔軟性がないために痛くなる可能性が高いです。
そのため運動する前は必ず準備運動を行い、お風呂上がりなど
筋肉が弛んでる間に柔軟性を付けるようにしてください。
これだけでも、やるとやらないとでは痛みの度合いは変わってきます。

また股関節内の筋力が落ち、体を支える事ができなくなった可能性もあります。
そのため骨盤が歪み姿勢が悪くなり、体の使い方が
上手くできない状態の可能性もあります。
その場合は股関節内の筋肉をトレーニングしてあげる必要があります。

当整骨院では股関節内の骨盤を支える筋肉をトレーニングしながら
姿勢改善の矯正施術を行なっております。
もし股関節痛以外にも、普段の姿勢が気になる、最近立ってるだけでも
疲れが出るなどの症状がございましたら是非当整骨院までご連絡ください!

鍼灸師 山下


店舗一覧

宇多津坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁47-14

綾川坂口鍼灸整骨院

綾川坂口鍼灸整骨院

香川県綾歌郡綾川町萱原822−1

▲ 一番上に戻る